鷲津今昔物語

  • 鷲津の町の歴史の話
    湖西を築いた人々鷲津の名所/史跡

  • 今昔物語

    昭和35年の鷲津駅

    今昔物語

  • 鉄道関係の停車置き場から

     明治21年、国鉄東海道線の浜松-豊橋間が開通し、舞阪と鷲津に停車場が置かれました。鷲津停車場は、鉄道関係の資材を置く目的で、周りは田んぼや畑ばかり。民家もまばらでした。

     当時(現在の湖西市域の中で)賑わっていたのは江戸時代の五十三次のひとつ「白須賀」と明治初期から浜松で蒸気船の定期便で結ばれていた「日ノ岡」地区(鷲津駅から2キロ西の湖畔)でした。

     東海道線が新居町から北へ大きく曲がり、人気の少ない浜名湖の南西岸を通るようになったのは、黒い煙を吐き、大きな音を立てて走る蒸気機関車が遠州灘の漁業に悪影響を与えるだろうということで、白須賀の漁民が中心になって反対したからでした。

  • 今昔物語

    昭和40年代の商店街のメインストリート

  • 時代の流れとともににぎやかに!

     駅ができると民家も建ち始め、その頃一大産地だった生糸の製糸工場も、駅の近くに移転し始め、大正、昭和初期にかけては大きな紡績工場も目立ち始めました。
     富士紡績、遠州紡績はじめ、大手工場の住み込み女工さんだけでも数千人を数えるほど人口も膨れ上がり、駅前を中心に商店が見る見る増えていきました。
     給料が出た明くる日には洋品店の前に女工さんの行列ができ、品切れが続出するほどの盛況振りでした。

     戦後はこれらの産業に加えて輸送機器関連(自動車部品)工場も増え、この高度経済成長は商店街とともに昭和40〜50年代まで続きました。

  • 今昔物語

    現在の鷲津駅

    今昔物語

  • そして現在…

     50年代以降、モータリゼーションの発達とともに、近隣の浜松市、豊橋市へも消費者の目が向けられるようになり、商店街も変革せざるを得なくなりました。
     平成元年からスタートした駅前土地区画整理事業で、駅前を通る国道301号や市道の拡幅、歩道や街路灯の整備、駅前広場や多目的広場(ひまわり広場)の新設で近年、鷲津駅前周辺は100年ぶりに大きく生まれ変わりました。

     明るく歩きやすくなった町には商店が約50店、心と会話の通う専門店は時代を超えて温かく息づいています。